小倉競馬場
コース画像について
芝コース 1000m
向こう正面半ばからのスタート、3コーナーまでの距離は279.0m。距離が短いだけに前に行けない馬は苦戦を覚悟、特に後方一気の追い込み馬には、展開が嵌ったとしても勝ち負けに加わる事が難しい。枠順では先手を奪いやすい内枠が有利。脚質では逃げ、先行馬の連対率が90%近くにまでなる。
芝コース 1200m
向こう正面2コーナー奥ポケットからのスタート。3コーナーまでの距離は479.0mと長く、枠順では内で揉まれる心配の無い外枠が有利。平坦コースの1200mだけに逃げ、先行有利は当然だが、前が飛ばす展開なら差し馬が面白い。
芝コース 1700m
正面スタンド前、半ばからのスタート。1コーナーまでの距離は僅か171.5mと短く、外枠の馬は距離損を覚悟しなければならない。脚質からの狙いは先行馬だが、展開次第では差し馬が面白い。
芝コース 1800m
正面スタンド前、半ばからのスタート。1コーナーまでの距離は271.5mと短い分、距離損なく回れる内枠が有利。脚質からの狙いは逃げ、先行馬が中心となる。直線一気タイプの馬は相当展開が嵌らないと届かない。
芝コース 2000m
正面スタンド前4コーナー奥ポケットからのスタート。1コーナーまでの距離は471.5mと長く、枠順からの有利不利は無い。脚質からは先行、差し馬が狙いとなり、スンナリ行けるレース展開の場合は平坦小回りコース、当然逃げ馬にも警戒が必要となる。
芝コース 2600m
向こう正面半ばからのスタート、最初のコーナーまでの距離は243.9m。距離が長く展開もすぐに落ち着く事から枠順による有利不利は無い。脚質では先行、差し馬の連絡みが殆どで、逃げ、追い込み馬は苦戦している。
ダートコース 1000m
向こう正面2コーナーを曲がり切ったあたりからのスタート、3コーナーまでの距離は365.5m。距離的にダッシュ力、スピードのある馬が当然有利。脚質からも逃げ、先行馬が断然有利。直線一気などはまず届かない。枠順は先手を奪いやすい内枠が有利となる。
ダートコース 1700m
正面スタンド前4コーナーを曲がり切ったあたりがスタート地点、1コーナーまでの距離は342.8m。先行争いはかなり激しくなるがさすが平坦小回りコース、前で競馬を出来ない馬には厳しいデータ、狙うは逃げ、先行馬を基本に差し馬にも要注意。
Top Back


被リンク