東京競馬場
コース画像について
芝コース 1400m
向こう正面半ばからのスタート、3コーナーまでの距離は366.3mと短い。その為、各馬は好位をキープしようと先行争いは非常に激しくなり、外枠の馬は外々を通らされる事が多い、特に逃げ馬にとってはハナを切るまでに余分な脚を使わず済む内枠が望ましい。脚質からの狙いは先行、差し馬。
芝コース 1600m
向こう正面、直線入り口からのスタート、3コーナーまでの直線距離は566.3mと長い為、テンのペースはそう速くならず枠順による有利不利も無い。脚質からの狙いは差し、追い込み馬、前半ついて行けなくても直線で前を捉える事が十分に可能なコース形態だ。
芝コース 1800m
向こう正面2コーナー奥ポケットからのスタート、コーナーを曲がり切るまでの距離は187.8m。脚質では先行、差し馬が活躍。また、スタートから3コーナーまでの距離が長いので、枠順による有利不利はそう気にする必要は無い。
芝コース 2000m
1コーナー奥ポケットからのスタート、2コーナーまでの距離は102.7mと短く、距離損なく回れる内枠が多少有利。脚質からの狙いは先行、差し馬。
芝コース 2200m
正面スタンド前からのスタート、1コーナーまでの距離は193.5m。枠順では逃げ、先行馬は内枠が理想となる。逆に逃げ馬が外枠に入った場合は距離損も多く、ハナを切るまでに余分な脚を使う。差し、追い込み馬の場合は、枠が内すぎると包まれこむ心配もあり外枠の方がレースをしやすい。脚質からの狙いは先行、差し馬。逃げ馬は苦戦。
芝コース 2300m
正面スタンド前からのスタート、1コーナーまでの距離は293.5m。枠順では逃げ、先行馬には内枠が有利、外枠に入ると外を通らされる距離損を覚悟。脚質からの狙いは先行、差し馬となる。
芝コース 2400m
正面スタンド前からのスタート、1コーナーまでの距離は393.5m長い。その為スタートからの先行争いもそう激しくはならず枠順による有利不利無い。脚質からの狙いは先行、差し馬。
芝コース 2500m
正面スタンド前坂下からのスタート、1コーナーまでの距離は493.5mと長く、枠順からの有利不利は無い。脚質からの狙いは先行、差し馬となるが、長距離戦だけに馬のスタミナ、ジョッキーの腕も勝敗を左右する。
芝コース 3200m
向こう正面3コーナ手前からのスタート、最初のコーナーまでの距離は94.0mと短い。内枠有利は明白で外枠の逃げ、先行馬は距離損の覚悟。脚質からの狙いは先行、差し馬。
ダートコース 1200m
スタートは向こう正面3コーナー寄り、3コーナーまでの距離は270.0mと短い。その為先行争いは激しくなる。枠順では前に行きたい馬は内枠が有利となるが、中団後方からレースを進めたい馬は包まれ込む心配もあり内枠は不利となる。脚質からの狙いは距離も短いだけに前で競馬をする逃げ、先行馬が有利となる。
ダートコース 1400m
スタート地点は向こう正面2コーナーを曲がり切ったところ。3コーナーまでの直線距離は470.0mと長く、枠順では内各馬の出方を見ながらスムーズなレースが出来る外枠が有利。脚質では先行、差し馬が狙いとなる。
ダートコース 1600m
2コーナー奥からのスタート、最初のコーナーを曲がり切るまでの距離は194.6m。スタート直後に芝コースを100m近く走り、それからダートコースに入る。また、芝コースは外枠の方が若干長く走れる分有利。脚質からの狙いは先行、差し馬。
ダートコース 2100m
正面スタンド前からのスタート、1コーナーまでの距離は279.6mと短いが、距離は長いので枠順による有利不利は少ない。しかし逃げ馬の場合は内枠の方が先手を奪いやすい事は確か。脚質では先行、差し馬は狙いとなる。
Top Back


被リンク