競馬用語辞典
もたれる
… レースや調教において、斜行することを表す言葉。コースの内側に行こうとすることを“ささる”といい、逆に外側に行こうとすることを“ふくれる”というが、もたれるという場合は単に内、外に行くというよりは対象物(ラチや併走馬など)にもたれかかるという意味合いで使われる。
持ち時計 【もちどけい】
… 持ち時計ともいうが、ある馬が一定の距離でマークした最高タイムのこと。
持ち乗り 【もちのり】
… 厩務員の仕事をしながら、担当馬の調教にも携わり、攻め馬や馬場運動など調教助手の仕事を兼ねる人。“調教厩務員”ともいう。
持ったまま 【もったまま】
… 手綱をしごいたり、ムチで叩いたりして追わずにただ手綱をしぼった状態のこと。
元返し 【もとがえし】
… 配当金額が投票金額と同じことで、オッズ1.0倍と言う意味。
物見 【ものみ】
… ものを見るともいうが、不意に何かの物に驚いて騒いだり、止まったり、横にとんだりする動作や癖のことをいう。レース中にハロン棒の影や芝生のはげているところをとんだりする馬もおり、これなどは物見するいい例。
揉まれる 【もまれる】
… 「道中もまれて…」などと使われるように、レース中馬ごみに入って思うように走れない状態を“もまれる”という。気の小さい馬などはもまれると戦意を失くすことがあり、そんな馬は“もまれ弱い馬”といわれ多頭数の競馬では不利になるとされている。
モンキー乗り 【もんきーのり】
… 鐙(あぶみ)を極端に短くした前傾姿勢で馬に乗る方法。木の枝に猿がまたがったように見えることからこう呼ばれる。
身っ食い 【みっくい】
… 馬が自分の体を噛む癖のこと。退屈やストレスが原因といわれているが、馬体に傷が残るほど激しく噛む馬もいる。
むこうずね
… 主として前肢に発生するもので、管骨の前面の骨膜炎と総指伸腱の炎症の二通りあるが、これを俗に“むこうずね”といっている。“ムコウゾエ”とか、単に“ソエ”と言うのも同じことである。若馬がかかりやすく、急激な強い調教を行うとできやすい。初期のうちなら運動を軽くしたり、患部を冷却することで治癒するし、また焼烙療法で治すこともできる。休むことなく焼烙療法をしながら調教することを焼き乗りといっている。
むながい
… 馬の胸から鞍橋にかけわたす緒(革紐)で鞍の位置が変わらないようにするための補助具である。鞍ずれ防止と、不良体形で鞍変位をおこす危険のある馬に用いられるが、騎手の安全はむろんのこと、馬の全力疾走にとっても重要な馬具である。しりがい(尻にかけて鞍橋を固定させる緒)とともに競走馬の負担重量に入るものである。
持ち込み馬 【もちこみば】
… 活馬の輸入自由化の実施日(1971年6月30日)以降に輸入された妊娠馬が日本で生んだ馬。要は外国で種付けされた内国産馬のこと。それ以前は競走番組上外国産馬に準じた扱いを受けていたため3歳クラシック競走や、天皇賞などのGTレースに出走できなかった時期があった。
もやし馬 【もやしうま】
… 育成期間に過保護になっている馬のことで、本質的な育成技術、鍛錬がなされてなく、見た目に立派でも中身がなく「みてくれ」だけよい馬となってしまう。こういう馬を指して“もやし馬”という。また競走馬でも急仕上げで調教量の足りない馬についても、格好だけは出来ていても実質が伴っていないということで“もやし馬”あるいは単に“もやし”ということもある。
もらい
… 「斤量をもらう」「ハンデをもらう」などという形で使われる言葉。見習い騎手が騎乗して規定の重量より軽い重量で出走するとき、例えば53kgの馬に▲の騎手が乗れば3kg減の50kgで出走できる。こういうとき「3kgもらいで出られた」などという。また目標のハンデ戦の前の1、2走をムリせずハンデを軽くしてもらうことを“ハンデもらい”というが、現在1度や2度成績が下がってもハンデが軽くなることは少なく、ハンデもらいを意識してレースする馬もいないようだ。
Top Back


被リンク